Tokyo Walker
本名 鈴木弘康
職業 放送作家
生年月日 1970年4月5日生まれ
星座 おひつじ座
血液型 B型
出身地 静岡県磐田市
学歴 静岡県立磐田南高校卒、早稲田大学卒
好きなこと 試合(合コン)、美味しいものを食べること、ワイン

早稲田大学在学中、講談社「HotDogPRESS」のライターをする傍ら、
「さんまのナンでもダービー」で放送作家デビュー。
「ウンナンの炎のチャレンジャー」「学校へ行こう!」「ウンナンのホントコ」「メントレG」
「桑田佳祐の音楽寅さん」などを経て2004年「魂のワンスプーン」を企画。
食日記「業界人がススめる魂のレストラン」の出版を機に、食にまつわる番組、「龍虎飯店」
「FooDictionary」「嗚呼!花の料理人」など、次々と企画・構成。「元祖でぶや」「料理の怪人」などにも参加。
食べ歩きが趣味で、自身のブログに記事を綴るほか、多くの雑誌から取材を受け、美味しい店を紹介する。
2016年6月現在、「秘密のケンミンSHOW」「ぷっすま」「ヒルナンデス」などを担当。
過去、ワインコラム「ワインでモテるひとモテない人」を執筆する他、
料理番組が舞台の漫画「食べもの愛がハンパない」の原案も手がける。
2009年、レストラン業界を元気にするプロジェクト「CHEF-1」を立ち上げ、
スターシェフが複数コラボする夢のディナーイベント「CHEF-1ナイト」をはじめ、
料理にまつわるプロジェクトを企画・運営。
また、「たべあるキング」のバル担当として日本を食で盛り上げる他、
2016年、次世代の料理人プロジェクトCOOKQOATER(コックコーター)を始動。
電子書籍「離婚は遺伝だでね」「鬼ツイートハニー」で展開した結婚にまつわる独自の哲学が好評を博し、
2016年6月、シナプスのオンラインサロンにて、
独身者はすぐ結婚したくなり、既婚者は離婚をとどまるハイスクール」をスタート。

テレビ

  • NTV系

  • 絵に描いたような、アレ。
  • 和食ワールドグランプリ(特番)
  • イキテク~超ベテラン賢者の金言 バラエティ~(特番)
  • ママモコモ子供BAR拡大版〜親の知らない子供の本音 家族の絆を深めますSP
  • 行商の巨人(特番)
  • No1のナンバーワン(特番)
  • 赤丸!スクープ甲子園
  • ガチガセ
  • なるほどハイスクール
  • 驚異のマインドハッカー(特番)
  • 暗記王アンキング(特番)
  • ママモコモSPパパモコモ~パパが今日は育児全部やります~(特番)
  • ママモコモSP一流シェフと行く!ちびっこ北陸グルメ旅(特番)
  • ママモコモSPホメるの魔法大発見! スペシャル(特番)
  • ココ掘れワンワン
  • 極上グルメと得する食知識いただきます(特番)
  • ピン子&今田のニッポンの(秘)お値段(特番)
  • 嗚呼!花の料理人
  • モクスペ 華麗なる美食家5人が美味いと言ったら1000万円(特番)
  • 嗚呼!花の料理人プレゼンツ食通の星(特番)
  • 三宅裕司のドシロウト・漁師めしスペシャル(特番)
  • 新どっちの料理ショー
  • 三宅裕司のドシロウト
  • モー。たいへんでした

  • フジテレビ系

  • ワールド×ワイドSHOW ~Why!?ジャパニーズNEWS ~(特番)
  • 芸能界PTA(特番)
  • ロンブー淳の食べトク?!(特番)
  • キャサリン三世(関テレ)
  • グータン・ヌーボー(関テレ)
  • HEY!HEY!HEY!
  • メントレG
  • 桑田佳祐の音楽寅さん
  • デマポリス~ウソを広めた犯人を逮捕せよ~(特番)
  • 胸キュン!ジェネレーション天国(特番)
  • 卒おめライブ(特番)
  • キング・オブ・マネージャー(特番)
  • ザ・ジャッジ
  • 世界ゴリッパですね
  • 木梨サイクル
  • 胸さわぎの土曜日
  • アイカチ
  • プレゼンタイガー
  • 仕立屋工場
  • うっひゃ~!!はなさかロンドンブーツ

  • テレビ東京

  • 坂上目線
  • 週刊AKB
  • D-BOYS BE AMBITIOUS
  • 料理の怪人
  • ハロモニ
  • 元祖!でぶや
  • プラチナチケット

  • 朝日放送(ローカル)

  • ロンブー淳の惚れさせシェフ(特番)

  • 関西テレビ(ローカル)

  • 恋はいつでもサバイバル(特番)
  • キッチンはこの町すべて(特番)
  • 声に出して伝えたいオカン偉人伝(特番)
  • 徹底解剖!2014年大注目のおせち料理OSECHI JAPAN(特番)

  • 広島テレビ(ローカル)

  • サンドウィッチマンが上陸!広島満喫‼︎ カキ詣ツアー(特番)

  • CS

  • せんべろ女とホルモンおやじ(フジテレビONE TWO NEXT)

  • BeeTV

  • 密着!男と女の愛憎(秘)探偵ファイル
  • 恋の婚活ABeeC大辞典
  • 石神秀幸のバリうまラーメン

  • TBS

  • 健康!いただきMAX(特番)
  • 学校へ行こう2015 3時間SP
  • ザ・ミステリータイム(特番)
  • あさチャン
  • 有名人がこっそり通う開運パワースポット!神社仏閣ウォーカー
  • 学校へ行こう
  • Mrマリック特番
  • ザ・プライスアドベンチャー(特番)
  • 魂のワンスプーン
  • USO?!ジャパン
  • ガキバラ帝国
  • ぶっちゃけ99
  • ディスカバ99
  • 恋のバカヤロー
  • ★愛と誠★
  • 天(TEN)
  • サバイバー
  • ジャングルTV~タモリの法則~
  • 城島産業
  • ザ・プライスハンター(特番)
  • ウンナンのホントコ
  • 学校へ行こう

  • テレビ朝日

  • プロフェッショナルな妻たち(特番)
  • 美女たちの日曜日
  • 美女たちの新年会〜しゃべりまくって幸せになっちゃうぞSP〜(特番)
  • 東京を離れた女優たち(特番)
  • 生産者の顔が見える食材大賞(特番)
  • SMAPがんばりますっ!!(特番)
  • タモリ倶楽部
  • 内村プロデュース
  • 小学生クラス対抗30人31脚
  • フード☆サイエンス(特番)
  • 僕らはみんな食べている(特番)
  • 龍虎飯店
  • たけしのこんなはずでは
  • 魔界潜入!怪奇心霊ファイル(特番)
  • これマジ?
  • ちゃんネプ
  • おネプ
  • ヒメゴト
  • あなたのフツーは大丈夫?激突ハッピーチェック
  • 龍の福耳
  • スポコン!
  • ウッチャンナンチャンの炎のチャレンジャー これができたら100万円
  • 鶴瓶草なぎの夢中宣言 がんばります
  • タイムボンバー
  • ウッチャンナンチャンのLOVE STATIONその恋かなえます
  • さんまのザ・グレートカジノ
  • さんまのナンでもダービー

  • BS日テレ

  • 世界に誇る!日本の美食ヒストリー~ミシュランも認めたラーメン100年史~(特番)
  • わざわざ行きたい道の駅(特番)
  • わざわざ行きたい道の駅
  • BS11PM

  • BS朝日

  • FooDictionary
  • The First Class

  • BSジャパン

  • 劇団ひとりの解決コタツ会議(特番)

  • 東京MX

  • おしあげNOW

イベントなどの企画・監修・プロデュース他

「食べもの愛がハンパない」(秋田書店)
料理番組を舞台にした漫画の原案を、すずきBが担当しました。漫画家は「ホスピめし」「ベーグル食べない?」などで人気の野崎ふみこ。主婦に人気の料理番組「キッズキッチン」のADを務める間々田朝美は、食べものと番組制作に誰よりも強いこだわりを持つ。そのうえ一人息子を育てるシングルマザー。 ある日、朝美の前に、かつての恋人で人気イタリアンシェフとなった芝崎が現れ、「キッズキッチン」に出演することになり…!? 

離婚は遺伝だでね 〜母ヒデコが教えた結婚論と、ヒデコ日記〜
「学校へ行こう」「ぷっすま」「秘密のケンミンSHOW」等、多くのバラエティ番組を手がける放送作家・すずきB、43歳、結婚16年、二児の父。彼が恐れる鬼嫁についての恐怖体験や母親ヒデコの爆笑エピソードがTwitterやfacebookで密かな人気。そんな彼は、川島なお美&鎧塚俊彦夫妻のキューピッドとしても知られ、川島・鎧塚夫妻はじめ、周囲の多くのカップルや夫婦、独身女性に「結婚」について、実体験をまじえた面白アドバイスをしてきている。facebookでも母ヒデコゆずりの独自な「結婚」哲学が人気で、多くの女性読者から「いいね」を集め、支持されている。今まで綴ってきた非公開投稿をぜひ一気に読みたいという多くの女性からのリクエストに応え、今回ついに初の書籍化。鬼嫁に恐れながらも問題を乗り越える処世術を教えた母・ヒデコ式、ちょっと笑えてためになる「結婚」哲学を、是非お楽しみください。なお、鬼嫁のことをつぶやいた3年分の全記録、姉妹書籍「鬼ツイートハニー」と一緒に読まれることをお薦めします!

「鬼ツイートハニー」Oni Tweet Honey 〜僕が恐れる妻についてつぶやいた3年半の全記録〜
「学校へ行こう」「ぷっすま」「秘密のケンミンSHOW」等、多くのバラエティ番組を手がける放送作家・すずきB、43歳、結婚16年、二児の父。彼がこの世でも最も恐れる存在、妻。通称「鬼」。仕事部屋である日、エッチなDVDの箱を開けるとポストイットに鬼が書いたこんなメモが…「コイてんじゃねー、働け!」。そんな赤裸々な鬼の言動や爆笑エピソーをつぶやく、すずきBのTwitterが密かな人気で、2010年11月以来、続いている。これまでのそんな鬼ツイートを一気に読みたい!という多くのフォロワーからのリクエストに応え、今回ついに初の書籍化。3年半の鬼ツイートの集大成です。恐ろしいけど、ちょっと笑えるツイッター版・鬼嫁日記をぜひお楽しみ下さい。なお、著者が母親ヒデコから学んだ「結婚」哲学によって、鬼と離婚しないよう乗り越えて行く考え方をまとめた「離婚は遺伝だでね」と一緒に読まれることをお薦めします!

業界人がススめる魂の(死ぬほど美味しい)レストラン
「美味しい店探し」は、僕にとって、何よりもドキドキできるギャンブルです。この本で、あなたもドキドキしてみませんか? ラッキーなことに、僕の周りの芸能人や業界人は、とってもグルメな方たちが多く、グルメガイドには載ってない隠れ家的なお店にも連れてってもらいます。 また、『魂のワンスプーン』や、『メントレG』など、グルメ番組に関わっていると、普通では知れないウラ情報が入手できるもので‥‥。そんなオイシイ情報をもとに、自ら行って、心から「美味い!」と思った店を厳選してみました。まさに魂の一冊!

2015年 12月2日 発売
雑誌「Hanako FOR MEN」 vol.18(マガジンハウス)
ワイン、はじめまして。P49。お気に入りワインバルを紹介
詳細を見る

2015年 11月20日 発売
雑誌「東京ウォーカー」12・1月合併号(角川書店)
マイベストof東京レストラン2015特集、バル編にて。飲んべえ放送作家すずきBが
佐藤栞里(モデル)を角打ちにご案内。また、美味しいバルレストランを紹介しています。
詳細を見る

2014年 10月15日 発売
雑誌「Pen」11・1号(阪急コミュニケーションズ)
“通”が選ぶ、絶品おつまみ。にて、
すずきBがヱビスビールに合うお取り寄せ餃子を紹介しています。
詳細を見る

2014年 10月26日 発売
漫画雑誌「エレガンスイブ」11月号(秋田書店)
すずきB原案の漫画『食べもの愛がハンパない!』(野崎ふみこ)が巻頭カラーにて掲載中。
主人公は、お料理番組の世界で働くシングルマザーAD。全4話。

2014年 2月15日 発売
雑誌「Pen」3・1号(阪急コミュニケーションズ)
「1冊まるごとおいしい弁当」特集にて、すずきBが取材を受けた記事掲載中。
故郷浜松のうなぎ弁当への熱い想いを語っております。ぜひご覧ください。
詳細を見る

2012年 3/19(月)発売
雑誌「BISTRO男子」(主婦と生活社)
すずきBが答える、一流店のセカンドライン特集。
「麻布幸村」のセカンド「麻布六角」ほか、各ジャンルの一流店が手がける安くて美味しい姉妹店を紹介。
詳細を見る

2012年 2/10(木)発売
ムック本「洋食の教科書」(枻出版社)
洋食ラバーズに教えてもらった、とっておきのひと皿」に、すずきBが登場。
お気に入りのハンバーグを紹介しています。
詳細を見る

2011年 11/07(月)発売
「CREA」12月号(文藝春秋)
「グルメなあの人が太鼓判!冬旬とびきり美味しい贈り物」
特集にて、すずきBが冬限定のギフトを紹介しています。

2011 8/5(金) 
毎日新聞(夕刊)
乱調テレビ用語(鮫肌文殊)にて“小山薫堂さんに次ぐバラエティ界を代表する「グルメ作家」”として、
すずきBが登場。意外なエピソードが紹介されました。
詳細を見る

2010 8/09(月)発売
「週刊現代」8月21・28日夏の合併超特大号
「今週のうまいもの番付」にて、すずきBが、お薦めの「串カツ」を紹介。
詳細を見る

2010 2/16(火)発売
「DIME」2010・05号 P96
「おひとり上質めし」
すずきBが、東京と大阪の、一人で行ける安くて美味い店を推薦。

2010 2/16(火)発売
「VERY」2月号 P198~
「トマトすき焼き」ほか、すずきB家のおもてなし鍋を公開!

2009 12/5(土)発売
「食楽」1月号
「食通が薦めるお酒のおとも特集にて、すずきBがワインのおともをスイセン!」

2009 10/26(月)発売
「週刊現代」(講談社)P86
「今週のうまいもの番付」にて、すずきBが安くて美味しいワインバーを紹介。
詳細を見る

2009 10/2(金)発売
「STORY」(光文社)11月号 P276~
「夫婦でおもてなし」。
川島なお美&鎧塚俊彦夫妻の軽井沢別荘ホームパーティーに、すずきB夫妻が招かれ、掲載されています。
詳細を見る

2009 6/6(土)発売
「日経おとなのOFF」7月号
「買っていい品いけない品一目瞭然図鑑」
特集にて、すずきBがワインバーの見極め方を伝授。
詳細を見る

2009 3/27(金)発売
「東京ひとりで行ける上質ごはん」(東京書籍)
すずきBが一人メシの楽しみ方について寄稿。
詳細を見る

2009 3/6(金)発売
「食楽」(徳間)4月号
「パン屋さんベストにてすずきBがお気に入りのパンをお薦めしています。」
詳細を見る

2008 10/29(水)発売
「九州ウォーカー」(角川)
「B1グランプリ特集」にて、すずきBが「B1グランプリ」の楽しみ方指南。
詳細を見る

2008 10/20(月)発売
「別冊メトロミニッツ、あとはごはんにのせるだけ」(スターツ出版)
すずきBが全国の美味しいB級グルメを推薦。
詳細を見る

2008 9/24(水)発売
「アテス」11月号
人生は笑いだ!特集。
すずきBが、実際にレストランで体験した笑える「グルメ」話を公開。

2008 9/13(土)発売
「KING」(講談社)10月号
ベストセラー本「夢をかなえるゾウ」と、著者・水野敬也の秘密を、すずきBが明かす。
詳細を見る

2008 8/1(水)発売
「たびえーる」9月号 P59~P65
B級グルメ道場。“すずきBと巡るB級グルメの聖地”大特集。
詳細を見る

2008 7/2(水)発売
「anan」 No.1617月号
「夏に食べたい辛い中華」特集にて、すずきBがお気に入り中華を推薦。
詳細を見る

2008 6/12(木)発売
「東京カレンダー」 8月号
「路地裏の名店」特集。P52~53 
裏通りの美食。コラム・西麻布裏道MAP。ビストロ通りで夜な夜な飲み歩く放送作家すずきBが西麻布の裏通りについて語る。
詳細を見る

2008 6/12(木)発売
「美人百花」7月号(角川)
“有名人が推薦、ごちそうベスト3”にてすずきBが最強3品を推薦。
詳細を見る

2008 5/31(土)発売
「Domani」7月号 P245
”大人印の東京夜遊びクルーズ”
すずきBが隠れ家をお教えします!!

2008 3/25(火)発売
「宝島」5月号
ドイツ大使公邸で開かれた晩餐会。漫画家の弘兼憲史さん、脳科学者の茂木健一郎さんらとともに、すずきBも参加。
オピニオンリーダーとして、ドイツワインを語らう。
詳細を見る

2008 3/1(土)発売
「BRUTUS」(マガジンハウス) P89、P93
“みんなの食堂”。すずきBが、オススメの食堂についてコメントしてます。
詳細を見る

2008 3/1(土)発売
「STORY」(光文社) P294~
“今日は夫婦でおもてなし”にて、すずきB家のホームパーティを4ページにわたり特集。望月理恵アナをはじめ、
「タツヤカワゴエ」、「賛否両論」、「青家」の人気シェフ、ラーメン王など食通たちが大集合。
詳細を見る

2008 2/13(水)発売
「anan」NO.1598号(マガジンハウス) P48~
大人マニュアル。知っておきたい食事のマナーを、基本から、今日使える実践マナーまですずきBがアドバイスしてます!
詳細を見る

2008 2/5(火)発売
「静岡新聞 夕刊」 
渋谷Q-AXシネマにて映画「アディクトの優劣感」トークショーに磐田出身の3人が登場静岡新聞に紹介されました。

2008 1/7(月)発売
「Saita」2月号(セブン&アイ出版) 
「夫にあげたいバレンタインの“甘すぎないスイーツ”」にて、すずきBが女性にもらいたいお薦めスイーツを答えてます。
詳細を見る

2007 12/27(木)発行
「Domani」2月号(小学館)
「2008年度No.1スイーツ予想」にて。
すずきBが、「トシヨロイヅカ」鎧塚シェフ、犬養裕美子さん、大森由紀子さんらと座談会。
詳細を見る

2007 12/1(土)発行
「Domani」1月号(小学館)
冬の鍋特集にて、知る人ぞ知る鍋奉行・すずきBが、「かどわき」の極上鍋をオススメしています。
詳細を見る

2007 11/20(火)発行
「メトロミニッツ」
“クリスマスに大人が行くべき料理店”にて、すずきBが「クリスマスディナーはカウンター論」を展開。

2007 11/12(月)発売
「Casa BRUTAS」(マガジンハウス)別冊付録 P4~5
「2007年を象徴するレストランはどこ?」
すずきBが、犬養裕美子さん、来栖けいさん、園山真希絵さんらと座談会で語っています。
詳細を見る

2007 10/22(月)発売
「PRESIDENT」(プレジデント社) P123~125
「人に教えたくない店」にて、すずきBが、松涛の知る人ぞ知る隠れ家和食を紹介。
ご飯へのこだわりについても語っています。
詳細を見る

2007 8/30(木)発売
「月刊アサヒ芸能エンタメ!」(徳間書店) P14~
日本一のお取り寄せ15品。B級グルメ食いだおれ座談会。グルメ放送作家としてすずきBが登場。お取り寄せカフェなどを紹介。
詳細を見る

2007 8/1(水)発売
「DOMANI」(小学館) P216~ 
「本当は教えたくない」
極上お取り寄せにて、すずきBが、オススメのおとり寄せを紹介してます。
詳細を見る

2007 7/28(土)発売
「Style」9月号 (講談社) P194~ 
「東西エスニックレストラン16」
今すぐピリ辛料理が食べたい!というあなたにすずきBがとっておきのお店を紹介してます。
詳細を見る

2007 7/30(月)発売
「食楽」9月号 (徳間書店) P21~ 
「牛肉」頂上対決
焼肉・鉄板焼き・しゃぶしゃぶ特集。鉄板焼き派として、すずきBが西麻布「寺」を紹介。
詳細を見る

2007 7/25(水)発売
「anan」(マガジンハウス) P77~
「ザ・ベスト・オブ夏カレー」
すずきBが、犬養裕美子さんとゴージャスカレー姉妹との座談会で今すぐ食べたい夏のカレーを紹介してます!
詳細を見る

2007 6/7(木)発売
「婦人画報」(アシェット婦人画報)7月号 
別冊付録「ブラボー!なレストラン」
20人の食通がイチ押し大満足レストラン62店。すずきBがここぞ!というレストランを紹介してます!

2007 5/24(木)発売
「週刊文春」
“私のリビング・71”
巻頭カラーページにて、すずきBの自宅リビング公開。
詳細を見る

2007 3/7発売
「GLAMOROUS」(講談社)別冊付録 「NEW SHOP CRUISING 2007 Happy Spring TOKYO」 P26
すずきBがコラーゲンたっぷりスープのお店を紹介してます!
詳細を見る

2007 2/23発売
「VoCE」(講談社) P265~
「男がオチるお店の条件」
すずきBが”恋の罠”がいっぱいのお店を紹介してます!

2007 2/21発売
「東京カレンダー」 4月号(アクセス・パブリッシング) P52~
「グルマンたちがススメル、寛ぎながら食せるカジュアルお鍋」
すずきBが、お気に入りのリーズナブルな鍋料理を紹介してます!
詳細を見る

2007 2/13発売
「東京1週間」(講談社) P24~
「コレを食べれば間違いナシ!横浜真髄メニュー8」
すずきBが横浜中華街で、楽しい!おいしい!名店を紹介してます。

2006 12/7発売
「BOAO」(マガジンハウス) P174~ 
「15人の食通が選ぶ2006最高の一皿」
すずきBが紹介してます。
詳細を見る

2006 12/5発売
「Tokyo Walker」(角川書店) P30~
「東京うまい店グランプリ'06-'07 行ってよかった!!いい店74軒 発表!」
すずきBが特別審査員として登場。
詳細を見る

2006 11/29発売
「東京情緒食堂2007」Special Edition P12~19
「次代を読み解くレストランのキーワード」にて、すずきBが、コメント。
詳細を見る

2006 11/8発売
「an・an」(マガジンハウス)野菜レシピ150 保存版 P62~63
「おいしいお店」
すずきBが太鼓判を押した、行くべきお店、食べるべきメニューを座談会でお話ししてます。

2006 9/1発売
「GLAMOROUS」(講談社)10月号 別冊付録「NEW TOKYO CRUSING」
美味しいレストラン、美味しい手土産をすずきBが紹介。
詳細を見る

2006 8/15発売
「東京なんでもランキング2007」(昭文社) P28
「東京最旬レストラン事情」
すずきBが、いま東京でいい店、面白い店はどこか、座談会でお話ししてます。
詳細を見る

2006 7/30発売
「食楽」9月号 P112
「清く正しい深夜ごはんのススメ」
すずきBが、とっておきの深夜でも美味しいお店を紹介しています。
詳細を見る

2006 7/28発売
「GISELe」9月号(主婦の友社) P166
焼肉特集。すずきBが、スタイリッシュ焼肉店を紹介。
詳細を見る

2006 7/25発売
「マンスリー・エム」9月号 P69
「冷やし中華派or担々麺派」特集にて、すずきBお薦めの担々麺を紹介。
(※訂正:肩書きは「放送作家」の誤りです)
詳細を見る

2006 6/21発売
「東京カレンダー」8月号
夏野菜特集。P48。
東京美食グルマン100人が答える「夏野菜を食べるなら、このレストラン」に掲載。
詳細を見る

2006  発売
「Hanako」ワイン特集 P62~63
“すずきBさんの安うまワイン探索日記”
リーズナブルなワインとの未知なるマリアージュを求めて10日間。見開き2ページ、写真・文/すずきB。
詳細を見る

2006 5/4(木)発売
「日経エンタテイメント」 P110
「エンタ!の達人も認めたミルつきコーヒーメーカー」
すずきBがお気に入りコーヒーメーカーを推薦。

2006 4/6(土)発売
「メンズEX 」 5月号 P235
「手土産スイーツは臨機応変に持参する」にて、すずきBが、シチュエーション別オススメ手土産を紹介。
詳細を見る

2006 2/13(月)発売
「QickJapan」vol64(太田出版)
TV・オブ・ザ・イヤー2005
業界騒然!高須光聖、そーたに、樋口卓治ら、現役放送作家15名が選ぶ本当に面白いTV。すずきBも参加。

2006 2/1(水)発売
「30ANS」(トランタン)3月号 P131
Love1Dishに「Nam Sao」掲載。人気レストランジャーナリスト、犬養裕美子さんの
Love1Dishに選ばれたのは、「エビとタイナスのレッドカレー」(パッペマクア)。

2006 1/28(土)発売 
「VOGUE」 3月号 P57
レストランジャーナリスト犬養裕美子さんの連載に、すずきBが手がけるタイ&ベトナム料理『NamSao』の記事が。
「全品制覇したい」と絶賛!

2005 12/10(土)発売 
「東京情緒食堂」 P182
2006年最高の名店、500軒のリスト。
これぞ保存版。情緒食堂が送る集大成。すずきBも、堂々の執筆。

2006 1/22(火)発売 
「週刊アスキー」(アスキー)
「進藤晶子の、え、それってどういうこと?」に登場。
すずきBがいかにして放送作家になり、今に至るのか、その全てを語っています!
詳細を見る

2005 11/6(日)発売 
「MEN'S EX」 12月号(世界文化社)
「グルメHOT5」で、今月の食セレブとして、執筆。
タイトルは、「すずきBさんの23時過ぎでもめちゃくちゃ旨い5軒」。
詳細を見る

2005 10/21(水)発売  
「東京カレンダー」12月号(アクセス・パブリッシング)
「“教えて下さい、注目すべきニューオープン、TV界の食通たちが明かす新店の真相”で、演出家・田中経一と対談。
詳細を見る

2005 9/28(水)発売
「東京情緒食堂」(アクセス・パブリッシング)
「食通を虜にする選ばれし噂の新店」
今期すずきBが注目するニューオープンを紹介&新番組「龍虎飯店」のシミュレーションの模様も。
詳細を見る

2005 9/28(水)発売
「Style」(講談社)
「私のとっておきのおいしいお店紹介します!」。
モデル、フードライターなど食通な女性が並ぶなか、オトコ一人で、すずきB登場。
詳細を見る

2005 9/17(土)発売  
「週刊ポスト」(小学館)
巻頭カラーページ。食通5人がお薦めする、新味「激うま丼」特集で、すずきB推薦の美味しい丼を紹介。
詳細を見る

2005 8/11(木)発売  
「Quick Japan」(太田出版)
“高須光聖のクイックch”にて対談。
高須氏とすずきBが、新しいグルメ企画を考案。また自らの最後の晩餐3品も公開!

2005 7/26(木)発売
「東京大人のウォーカー」(角川) P5~ 
「今号の食人」に、すずきBが選ばれました。テーマは、「うなぎ」。
今年のうなぎをどう楽しむかを語りました。
詳細を見る

2005 6/27(火)発売
「東京情緒食堂」(アクセスパブリッシング)
“食通に選ばれし気鋭の新店”に掲載。
2005年上半期にオープンした、美味しい店ベスト10を、すずきBが紹介。全て実際に行った店ばかり。!

2005 5/25(水)発売
「Hanako」(マガジンハウス)837号
“大人の青山”レストランジャーナリストや、食に造詣の深い放送作家、ライターに聞いた
「青山で使い勝手のいいお店」に掲載。

2005 4/30(土)発売
「Grazia」(講談社)6月号
特別付録 「TOKYO口福のランチ」。
「12人の食通がこっそり教えるこんな日にはこんなお店」に掲載。

—タイトルをご記入ください—
—お問い合わせ内容をご記入ください—
—あなたのメールアドレスをご記入ください—